リラクゼーションスペース和の施術解説〜膝から下に違和感のある方の場合 part1〜

リラクゼーションスペース和ではどういった施術を行っているかをご紹介したいと思い、この記事を作成させていただきました。

少しづつではありますが、ご紹介できたらと思います。

早速解説を始めていきます。モデルは膝から下に違和感のある女性に協力してもらいました。

この違和感というものですが、今回は両足首が歩いていると痛いような感じがする。特に右は足首が硬いような感じがする。左は膝から下、特にふくらはぎがだるい感じがあるということでした。

早速、動画を見てもらいます。

こんな感じで、施術が始まっていきます。

まず、膝から下だと言うのに何故股関節周りから触っているのか?という点について説明していきます。

下の画像をご覧ください。

できるだけわかりやすい箇所を探したのですが、なかなかカメラでは伝わりにくいことが多くて困りましたが、解説していきます。

股関節周りに左右で差があります。

右足の方がズボンの縫い目がはっきり見えると思います。これは、太ももが内に回っている可能性があることを意味しています。(この情報ひとつだけで断定できるわけではありません。実際は触ったり、見たり、動かしたりして状態を把握していきます。)

ズボンのシワに注目してください。やや左下がりに斜めになっています。

このことから骨盤も左に傾いているかもしれないと判断できます。

そして、次の動画は僕が足を持って左右に揺らしている動画になります。太ももの揺れ具合に気をつけてみてください。

足を左右に振っていますが、太ももの揺れが左右で異なっています。(膝周辺に注目してもらえればわかりやすいと思います)

という事は、左右で足の動きの伝わり方が違う事がわかります。足を振っているのに太ももの動きに左右差が出るという事は足首から膝、股関節までの間の皮膚、脂肪組織、腱や靭帯、筋肉といった軟部組織の状態が左右で違うということがわかります。。

右の太ももの筋肉が緊張しているかもしれませんし、左のふくらはぎが緊張しているかもしれません。もしかすると両方緊張していて、左右でその度合いが違うために左右差が出ているかもしれません。

これらの事でわかることはこのモデルの方は膝から下に違和感を感じていますが、股関節周りも正常ではないため、股関節周りも膝から下のだるさに影響を及ぼしている可能性があるということです。

今回、8分の中で股関節から触って行きましたがもちろん膝から下も触って行きます。足全体を触りながら異常が強く現れている部分を徐々に正常に戻していくという流れになります。

今回はこのぐらいで終了しておきます。

次回はこの記事の前半で紹介させてもらった9倍速の動画の47秒のあたりで行っている太ももを回転させている理由について説明させていただく予定です。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。